×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社会常識能力検定試験ってどんな資格?

社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)とは、どんな資格なんでしょうか?

また、社会常識能力検定試験に合格したら、どんな仕事に就けるのでしょうか?

最初に、社会常識能力検定試験がどんな資格なのかをご紹介していきたいと思います。社会常識能力検定試験とは、一般常識(社会常識および人としての常識と心構え)、コミュニケーションビジネスマナーが、しっかりと備わっているかが試される試験です。

社会常識能力検定試験の受験資格は、特に制限がないため、誰でも受験する事が出来る試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)です。試験は全国各地の専門学校で行われ、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)日程は、1月下旬頃と、9月下旬頃の年2回行われています。試験の申し込み期間が、1月下旬受験だと10月上旬から12月中旬、9月下旬受験だと6月下旬から8月下旬頃です。

試験会場での申し込みと、インターネットからの申し込みが出来る。それぞれ申し込み期間が異なるので、正確な処は全国経理教育協会に問い合わせてみて下さい。合格発表は、試験日から約一カ月以内に発表されます。試験の科目は、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーです。受験の費用は、級によって違い、1級で4000円、2級で2500円、3級で2000円です。

難易度はそれほど高くなく、合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)としては、1級が約43%、2級が約53%、3級が約78%と、割と高めといえます。

では、社会常識能力検定試験を合格したら、どのくらいの仕事に就けるのでしょう。社会常識能力検定試験は、どこの企業でも使える資格なんですが、社会常識能力検定試験だけ持っていても、就職できるとまではいきません。しかし、持っていると損がない資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)であり、取得しておくほうがよい資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)といわれています。

まあ税理士や行政書士といった士業や公務員試験といった類を受ける前の小手調べに受ける方が多いですよ。

社会能力検定試験の受験概要

社会常識能力検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)という試験を皆さんは知っていますか?

社会常識能力検定試験とは、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーが問われる試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)なんです。どんな仕事をするにも、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーは必要になりますから、持っておくといい資格だと言えますね。社会常識能力検定試験の受験概要と対策について、紹介します。

社会常識能力検定試験の受験概要とは言え、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)については、特に制限がないのです。試験は1年に二度あり、その試験の申し込み期間は、1回目が7月上旬から8月下旬頃までと、2回目が10月上旬から12月上旬頃だと思います。試験の会場は、全国各地にあるのですよ。

試験の日程は、一回目の試験が9月の下旬頃、2回目の試験が1月の中旬頃となります。また、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の内容は、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーで。受験料は、1級4000円、2級2500円、3級2000円です。合格発表は、試験日から一ヵ月以内に発表されます。

社会常識能力検定試験は、少々易しく、1級が約四十パーセント、2級が約5五パーセント、3級が約60%と、割と高めの合格率です。社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の対策としましては、現時点で社会常識能力検定試験に合格するのでの本が沢山出版されています。社会常識能力検定試験各級の問題集も出ていますし、ビジネスマナーなどを一切知らなくてもゼロから分かる本などがあるので、そういったテキストなどを使って勉強するのが効果的だと思います。